ヘッダー

治療の流れ

(1)問診

まずは患者さんから体の気になっている部分やその内容をうかがって、その症状の原因を突き止めます。
その後、治療内容と今後の方針をわかりやすく説明させていただき、患者さんにご納得いただいてから治療に入ります。

「安心・安全な医療を実現する」をモットーとしている剛鍼灸院グループでは、患者さんからじっくり話を伺う「問診」をとても大切に考えています。
  (1)問診の様子

(2)鍼(はり)治療の様子   (2)鍼(はり)治療

問診後、ベッドに横になってリラックスしていただいた状態で問診内容とお体の状態に合わせたツボに鍼をします。

「鍼治療は衛生面が気になる」と言う方もいらっしゃるかと思いますが、患部をきちんと消毒してから全て使い捨ての鍼で治療を行いますので感染症の心配は一切ありません。

鍼治療では鍼をしてすぐに抜く「単刺(たんし)」と、しばらく鍼を置いたままにする「置鍼(ちしん)」の二種類があり、患者さんの症状や体調に応じて使い分けをしています。

(3)灸治療

剛鍼灸院ではお灸の火やにおいが気になるという方むけに「温灸機」という機械式のお灸を受けることができます。
もちろん従来のお灸を受けることもできますし、こちらも火が直接肌に触れないものを使用していますので、火傷やお灸の跡が残る心配はありません。

お灸にはリラックス効果だけでなく、血行の促進や抵抗力を高めて体を強くしてくれるといった様々な作用があります。
お灸にあまり良いイメージをお持ちでない方にこそ、ぜひ一度当院でお灸を試していただきたいと考えています。
  (3)灸治療の様子

(4)電気治療の様子   (4)電気治療

患者さんの症状によっては、鍼(はり)や灸に加えて、より血行を促すために電気治療を併用する場合があります。

電気治療というと「ビリビリ」という刺激のイメージが先行しがちですが、実際にはついつい眠ってしまうような心地の良いごく微弱な電流を流す程度です。
この治療は体の表面にある筋肉を刺激して血行を促すものですので、妊娠中の方などでも問題なく受けていただけます。

(5)治療内容に関する相談や生活に関するアドバイス

患者さん第一主義を掲げる剛鍼灸院グループは「治療後のアフターフォロー」にも注意を払っています。

症状の改善や再発の予防には生活習慣が大きく影響します。
鍼灸治療に加え、 生活習慣を変えることでより早い症状の改善が期待できる場合は特にアフターフォローに力を入れており、症状の改善・予防に繋がるように様々なアドバイスをさせていただいています。
  (5)治療内容に関する相談や生活に関するアドバイス

*このページでは一般的な整形外科疾患の場合の治療の流れを紹介しています。
症状によっては治療内容が多少異なる場合があります。