ヘッダー

美顔鍼(びがんしん)

■知ってますか?ターンオーバー

私たちの肌は、新しい細胞が生まれ、古い細胞は垢となって剥がれ落ちます。
そのサイクルをターンオーバーと言い、細胞が生まれ変わって垢となるまで約28日かかるといわれています。
しかし、年齢を重ねるごとにターンオーバーのサイクルは長くなります。

■お肌が悲鳴を!!

・朝起きて鏡を見たら、目のまわりにクマができている。
・お酒を飲むと、顔や目がむくむ。
・生理前になるとニキビができるようになった。
・夜更かしで肌がカサカサし、化粧のりが悪くなった。
・写真の表情が変わってきた。

このようなお肌の変化を感じてきたら、それはお肌の危険信号です。
  美顔鍼の様子

■年齢を重ねても美しくありたい!

美顔鍼(びがんしん)は顔面の血行を改善し、ターンオーバーを正常化。肌トラブルを回避することができます。
もう遅いということはありません。まだ充分間に合います。

お悩みの肌症状をご相談ください。
いつまでも笑顔な、5年後・10年後の自分を目指しませんか?

美腹鍼(びふくしん)

■隠れた脂肪

運動不足や栄養過多、ストレス、エイジングなどにより代謝は下がり、お腹周りには脂肪がついてきます。
お腹には内臓脂肪がつきやすく、見た目は細くても内蔵には脂肪がたっぷりと...なんてこともあります。

皮下脂肪もつきやすくなり、知らない間にワンサイズアップするのは簡単なのに、ワンサイズダウンするのが難しくなります。


■気にするのはセンチだけ?

美腹鍼(びふくしん)はお腹周りのサイズを落とすだけでなく、便秘や膨満感、冷えといった体のトラブルも同時に改善していきます。
美腹鍼を行うと体全体の代謝が上がるため、結果として太りにくい体を内側から作り上げていくのです。

下半身集中セルライト除去

■手ごわい!!

ヒトは、脂肪を減らすため、そしてウエストを細くするために過酷な運動をしたり、食事制限や無理なダイエットをします。
しかし、どんなに頑張っても細くならない、体重が減らない・・・そんな体験を何度も経験した女性は少なくありません。

なぜ失敗を繰り返すのか?
実は、その原因となるのが「セルライト」といわれるものです。

「セルライト」とは皮膚に近いところ、皮下脂肪の外側にある脂肪が、結合組織によってブドウの房のように塊となってしまったもので、どんなに一生懸命運動しても、どれだけ食事を我慢しても減らすことができない組織であり、病気(結合組織線維症:けつごうそしき せんいしょう)なのです。

■あなたは大丈夫?

セルライトができやすい人の条件として、以下のものがあげられます。
・カロリーの過剰摂取
・運動不足
・冷え性
・むくみやすい
  下半身集中セルライト除去の様子

■侮るな!そのむくみ!!

むくみ(浮腫)とは、血液中の水分が血管やリンパの外に滲み出て筋肉と皮膚の間に溜まった状態をいいます。
冷え性体質であったり、長時間おなじ姿勢を続けて血行が悪くなるとむくみやすいです。
「むくみ」が続くとやがて「セルライト」に変化してしまいます。


■鍼(はり)でセルライト除去

体の循環を良くすることで、脂肪細胞が寄って皮下脂肪と同じように綺麗に並べることが出来ます。
それだけでも見た目は細く、そしてやわらかくなります。

ここで、今度は脂肪自体を小さくしていきます。
これも鍼灸の得意分野ですが、一般的な耳鍼(耳ツボ)ではなく直接患部を刺激することで、老廃物の除去の促進、脂肪の分解を手助けする効果的な鍼灸治療をします。

耳鍼(耳ツボ)ダイエット

■誰にも気づかれない

耳鍼(耳ツボ)は、ダイエットしていると気づかれないダイエット法です。
普段通りの生活(睡眠・入浴・運動・仕事・勉強)をしていても何の問題もありません。
リバウンドしないように、健康に痩せる為の痩身法です。

押せ押せ攻撃さえ忘れなければ、1ヶ月2kgからのダイエットがあなたのものに!!
  耳ツボダイエットの様子(1)

■もう無理はしない

「大好きな甘いもの」を我慢する、食べたくなってきた...、そんな気持ちを落ち着かせるのが、耳ツボの1つ、胃点(いてん)というツボです。

満腹中枢に働きかけることでいつもの量で満腹感を得やすくなり、おのずと食べる量が減ってきます。
お腹がすいたとき、甘いものに誘惑されたとき、指でこのツボを押してあげれば我慢しやすくなります。
  耳ツボダイエットの様子(2)

■押せ押せ攻撃で

耳鍼(耳ツボ)でしっかりやらなければいけないことは...押す!とにかく押す!
食事の15分前に30回は押してください。また、空腹時にも押すことで空腹感を抑えることができます。

やっぱり、食べてしまうという方がいらっしゃいますが、しっかり押してないのでは?
押すことを忘れるということはその気がないからです。とにかく押してください!