ヘッダー

Bell麻痺(ベル麻痺)

■Bell麻痺(ベル麻痺)とは

Bell麻痺(ベル麻痺)とは、顔の神経を動かす神経である顔面神経が急に機能しなくなり、まぶたが閉じれなくなったり、口元が垂れ下がったりする原因不明の顔面神経麻痺です。

顔面神経麻痺の中で、Bell麻痺(ベル麻痺)の占める割合は、約55%と最も多くみられる病気です。

■Bell麻痺(ベル麻痺)の原因


Bell麻痺(ベル麻痺)は、原因不明の顔面神経麻痺をさしていますが、以前より、血管説、アレルギー説、ウイルス説など推測されていながらも明らかになっていませんでした。
しかし、近年、最も有力な原因として考えられているのがウイルス説です。
日本顔面神経研究会が提唱する顔面神経麻痺の手引き(2011)では、Bell麻痺(ベル麻痺)の原因のほとんどがHSV-1(1型単純ヘルペスウイルス)としてあげられています。また、そのうち一部、水疱の現れないZSH(無疱疹性帯状疱疹)が10〜20%含まれています。


■Bell麻痺(ベル麻痺)の症状

Bell麻痺(ベル麻痺)の症状には、片側の、目を閉じられない、額にシワを寄せられない、頬を膨らませられない、口笛が吹けない、イーと歯を見せられない、お茶を飲もうとすると口元からこぼれてしまうなどがあります。

その他、舌や口の中で味覚が変わってしまう、涙や唾液の異常分泌という症状も現れることがあります。


  顔面神経麻痺:Bell麻痺(ベル麻痺)の症状
左ベル麻痺(顔面神経麻痺)


顔面神経麻痺:Bell麻痺(ベル麻痺)の原因単純ヘルペス
ベル麻痺の原因:
HSV-1(1型単純ヘルペスウイルス)



顔面神経麻痺 顔面神経麻痺2 顔面神経麻痺3

顔面神経麻痺4 顔面神経麻痺5 顔面神経麻痺6

顔面神経麻痺7 顔面神経麻痺8 顔面神経麻痺9

顔面神経麻痺10 顔面神経麻痺11 顔面神経麻痺12

顔面神経麻痺13 顔面神経麻痺14 顔面神経麻痺15

顔面神経麻痺16 顔面神経麻痺17