ヘッダー

真珠腫性中耳炎

■真珠腫性中耳炎とは



真珠腫性中耳炎とは、鼓膜の辺縁に穴が開き、悪臭を放つ耳だれが現れる、白い真珠のようなかたまりができる病気です。
真珠腫性中耳炎は、世間ではあまり知られていない病気ですが、放置しておくと、周りの骨まで溶かし、生命の危機に関わることもある怖い病気です。


■真珠腫性中耳炎の原因
この病気の多くは、滲出性中耳炎(鼓膜の奥に水が溜まる中耳炎)を繰り返した結果、鼓膜が内側へ陥凹して袋状になります。そして、この袋の中にカスが溜まり、文字通り真っ白い真珠腫を形成、次第に大きくなっていきます。これは、大きくなる過程で、周りの組織、骨までも破壊していきます。

■真珠腫性中耳炎の症状
この中耳炎の症状は、鼓膜の内側から接続して、鼓膜で感じた空気の振動(声や音)を増幅させて伝えるための耳小骨と呼ばれる骨を破壊し、聴力低下(難聴)や耳鳴りを起こします。
平衡感覚を司る三半規管を破壊してしまうと、めまいを起こします。
また、顔の筋肉を動かす顔面神経は、中耳と内耳の間の骨の中を通っているため、ここが破壊されると顔面神経麻痺が現れます。さらに真珠腫が進行すると、脳の方へ進み、髄膜炎など生命を脅かすこともあるため、注意が必要となります。
中耳炎を何回も経験している方で、悪臭を伴う耳だれが現れたら一度、耳鼻科を受診してください。

真珠腫性中耳炎による難聴や耳鳴り、めまい、顔面神経麻痺に対しての治療は、真珠腫自体を取り除かなければ改善されません。ただ、真珠腫除去後に残っているこれらの症状、そして、真珠腫除去手術による組織の損傷として現れた症状に対しては鍼灸治療が適応することもあります。除去後の検査等で状態が把握できるものがあれば、持参、もしくは評価を教えていただければ、それも含めて、直接お体の状態を確認させていただき、回復するかどうかご説明いたします。
ちなみに、手術損傷の場合、病院での治療は、大規模な神経の移植手術が行われるケースが多いです。
  真珠腫性中耳炎:正常な鼓膜)
正常な鼓膜



真珠腫性中耳炎:真珠腫を形成した鼓膜)
真珠腫を形成した鼓膜



顔面神経麻痺 顔面神経麻痺2 顔面神経麻痺3

顔面神経麻痺4 顔面神経麻痺5 顔面神経麻痺6

顔面神経麻痺7 顔面神経麻痺8 顔面神経麻痺9

顔面神経麻痺10 顔面神経麻痺11 顔面神経麻痺12

顔面神経麻痺13 顔面神経麻痺14 顔面神経麻痺15

顔面神経麻痺16 顔面神経麻痺17