ヘッダー

ドライアイ

■どんな場合が「ドライアイ」なの?

近年、生活環境の変化からドライアイになる方が急増しています。
具体的には、以下の症状のうち5つ以上当てはまったかたはドライアイの可能性があります。

□普段からとても目が乾く □目が疲れやすい □目がゴロゴロする
□目が痛い □風や光、タバコなどの煙が目にしみる □目に不快感や違和感がある
□目が充血しやすい □視界がぼやける □日常的に目がかゆい
□何もしてないのに涙が出る □起床直後に目を開けられない □白い目ヤニがよくでる
□一日中、目が熱い □普段から眼が重たい □10秒以上目を開けていられない


■ドライアイについて

ドライアイは昔から多くの報告がありましたが、失明などの重篤な事態に発展することがほとんどないため、あまり重要視されてきませんでした。
しかし、近年では生活環境の変化からドライアイになる方がさらに急増し、その治療に注目が集まっています。

ドライアイ患者急増の大きな原因として
・コンタクトレンズ使用者の増加
・パソコンやテレビゲームなどの「目を酷使する機会」が飛躍的に増えたこと
などが挙げられます。

鍼灸師の立場から言うと、ドライアイの原因は目の酷使だけにある訳ではなく、(目に負担が少ない生活環境であっても)肩や首まわりのコリが強い方は目の血流も悪いため、ドライアイになりやすい傾向にあると言えます。


■ドライアイの症状

目が乾く、痛みがある、頻繁にゴロゴロする、目がしみる、といった症状は、目の乾燥からくる典型的なドライアイの症状です。
目が乾燥する以外にも、疲れやすくなる、かゆみがでる、頻繁に充血する、日常的に熱く感じるなどの症状もあり、悪化すると目の奥が痛くなり頭痛を引き起こすこともあります。

また、目に何らかの異常があるとイライラやストレスが増大し集中力もなくなるため、単に「目が乾く」だけがドライアイの弊害とは言えません。


■「涙」について

涙は目の乾燥を防ぐことはもちろん、眼球を洗い流したりするだけでなく、殺菌効果があり、また、目に必要な酸素や栄養も補っています。
涙の量が充分でないと目の表面は傷がつきやすくなり、ゴロゴロしたりぼやけたり、日常的に充血したりと、不快な症状があらわれます。

ドライアイは単に涙が不足して目が乾いているだけではありません。
ドライアイをきっかけとして目に様々な症状が起こり、角膜や結膜など目の大切な部分に傷ができてしまうことで、他の眼病にもなりやすくなってしまうのです。


■ドライアイの分類

ドライアイという病気は、一般的に
(1)涙の量が減ってしまう「涙液分泌減少型(るいえきぶんぴつ げんしょうがた)」
と、
(2)すぐに涙が蒸発して目が乾いてしまう「涙液蒸発過多型(るいえきじょうはつ かたがた)」
の二つの型に大きく分けられます。

それぞれの型の特徴をまとめると、以下のようになります。

(1)涙液分泌減少型の特徴

涙液分泌減少型は、涙の量そのものが少なくなることで目が乾きやすくなってしまいます。特に中高年の女性に多いと言われています。
またシェーグレン症候群という目や口が乾く病気によって涙がほとんど出なくなり、その結果としてドライアイになることもあります。

(2)涙液蒸発過多型の特徴

涙液蒸発過多型は、パソコンの画面などを凝視する人に多いです。
正常な人では1分間に20〜30回のまばたきをするものですが、凝視する人はその1/3程度しかまばたきをしていないと言われています。
まばたきの回数が少ないため眼球が直接外気に触れる時間が長くなり、結果として目を潤滑にしている涙がすぐに乾いてしまうのです。

また、コンタクトレンズを使用することでも涙が蒸発しやすくなります。
特にソフトレンズは涙を吸収してレンズ表面から水分が蒸発するため、裸眼の状態に比べて目が乾きやすくなります。
一方、ハードレンズは酸素透過性が高く水分の蒸発が比較的少ないため、ソフトレンズに比べ、よりドライアイに適したコンタクトレンズだと言えます。


■普段の生活でできる「ドライアイ」の対策

日常生活で以下の点に気をつけていると、ドライアイ対策としての効果が期待できます。
(1)1時間ごとに10分程度の休憩を取る。
  現代社会はとにかく目を酷使します。意識して、一時間ごとに休息を取るようにしましょう。

(2)加湿器などを使い、部屋の乾燥を防ぐ。
  乾燥はドライアイの天敵です。加湿器などを使い、室内を適度な湿度に保ちましょう。

(3)エアコンなどの風を直接目に当てない。
  強い風が直接目に当たるとドライアイになりやすくなります。風の発生源やその向きにも注意しましょう。

(4)テレビや携帯型ゲーム機/携帯電話、パソコンの画面は目より下方に置き、上を見ないようにする。
  上を見ようとすると目が開き、眼球が直接外気に触れる面積が大きくなるため、乾燥しやすくなります。

(5)肩コリや腰痛は目の血行を悪くするため、普段からこれらの予防に努める。
  肩のコリや腰痛は、血流の関係から目にも影響がでます。特に、同じ姿勢を長時間続けなければならない方は定期的にストレッチをし、意識して筋肉のコリをほぐすようにしましょう。


■ドライアイの鍼灸治療について

近年、ドライアイの患者さんが急増し、当院でもよく治療を行っています。
主に、太陽(たいよう)という「こめかみ」の辺りのツボに鍼(はり)をしたり、肩や首周りの緊張をとって血流を良くするような治療をします。
また、鍼灸治療で涙腺の機能が高まって涙がよく分泌されるようになり、同時に涙の量も増えてきます。

鍼灸治療は本来、病気ではなく人を診ます。
ドライアイといっても原因や症状は人それぞれですから、ドライアイ治療をあきらめて、ただ点眼薬を差しているだけの方に特にお勧めします。

まずは、ぜひ一度お気軽にご相談ください!


↑メニューに戻る