ヘッダー

黄斑変性症(おうはん へんせいしょう)

■黄斑変性症とは

近年著しい増加がみられる目の病気です。欧米では、失明の原因として最も多いのが黄斑変性症なのです。
日本においては失明原因のトップは糖尿病性網膜症ですが、黄斑変性症は第3位になっています。

黄斑変性症に至る理由ですが、その多くが加齢によるものです。
50歳代から増え始め、進行が遅いために自覚しにくく、見えない範囲が大きくなっていったり、あるいは視力が良かったのに急に見えなくなって気が付くことも多いようです。
また、食生活の欧米化や超高齢社会も黄斑変性症患者の増加原因の一つで、特に動脈硬化による血流の低下などが原因と考えられています。
男性の発症率が女性の3倍近い数値になっているのも黄斑変性症の特徴です。

黄斑変性症の主な症状としては、
・ものが歪んで見える
・視界の中心部がぼやけていて見えなくなる
 (中心暗点といい、視界周辺は普通に見えるものの、視界中央部の見ようとするものが見えない状態)
・進行すると視力が低下する
と言ったものがあげられます。

< 正常な見え方と黄斑変性症が進行した場合の見え方の違いは、以下の写真のようになって現れます >
正常な見え方 黄斑変性症が進行した場合の見え方
正常な見え方 黄斑変性症が進行した場合の見え方


■黄斑変性症のメカニズム

まず、人間が「ものを認識できる(=ものが見える)」仕組みをご説明しましょう。

人間の目から入った様々な光は、まず角膜、水晶体、そして硝子体(しょうしたい)を通り、最後に網膜(もうまく)へ到達します。
網膜に集めた光の情報をその中心にある黄斑(おうはん)という部分を通じて神経に伝わり、そして目で見た情報として脳に送られています。

黄斑変性症は、この「黄斑」や、その周囲にある網膜という「視神経に光の情報を伝える部分の細胞」が老化によって機能低下を起こしている状態なのです。

目の血流が低下すると、老化した網膜の毛細血管は目詰まりを起こし、血液が流れて行かないようになります。

血流がない場合、網膜の細胞は酸素と栄養の不足から新しい血管を引き込んだり、または、新しい血管を作り出してしまいます。
これを「新生血管(しんせいけっかん)」と言い、本来あってはいけない血管が作られてしまいます。
新生血管の壁は非常に薄いためにとても脆(もろ)く、網膜に無数に張り出して漏れたり破れたりして視細胞の機能を壊してしまいます。
この状態を滲出性(しんしゅつせい)の黄斑変性症と呼びます。


■黄斑変性症を治すためには?

目のトラブルの発生原因は、その多くが生活習慣によるものとも言われています。
治療の前に、まずはご自身の「生活習慣」を見直してみましょう。
たとえば、目の使い過ぎや不眠・不休、過度のストレスも原因の一つにあげられます。また、栄養過多・不足、過剰な飲酒・喫煙なども目に大きなダメージを与えますのでご注意ください。


■鍼灸(しんきゅう)治療の有効性

西洋医学では黄斑変性症に対して大きな成果をあげる治療方法が未だに確立しておりません。そのため、現状では「有効な治療がなされていない」と言わざるを得ません。
特に、老化に伴う細胞の変質である「加齢性黄斑変性症」を完治することは残念ながら難しいです。

しかし、東洋医学には有効な治療法として鍼灸があります。
鍼(はり)やお灸をすることで血流が改善され、黄斑部の回復や症状の進行をできるだけ遅くすることができます。
また、視力の維持、あるいは視力の回復により、黄斑変性症の一番の症状である視界の狭小化を防ぐことも可能なのです。

鍼灸治療はこういった分野に長けています。
過去には視力が大きく回復した例もあり、治療効果は充分な可能性を持っています。

症状が早い段階の患者さんほど早期の鍼灸治療で効果を期待できますので、ぜひお早めにご相談ください。


↑メニューに戻る