ヘッダー

色覚異常

色覚異常検査



◆問題:上の絵は何に見えるでしょうか?


もしわからなかった場合、色覚異常かもしれません




 色覚異常は、特定の色に対する識別能が低下している状態 

正常者にとって色の差が大きく違って見える2つの色が、色覚異常者には色の違いが小さく感じられ、判別困難になることがあります。原因としては、色を感じる3つの細胞「赤錐体」「緑錐体」「青錐体」のどれかが欠けていたり、十分に機能していないことが考えられます。色覚異常は先天性と後天性に分けられ、先天性に対して有効な治療はありませんが、後天性は色覚異常になった原因を取り除けば改善することがあります。
色覚異常検査

 色覚の異常とは、どんな状態?             

"物を見る"という機能は、視力、視野、色覚の三つに支えられています。視力は細かい物を見分ける力、視野は同時に見渡せる範囲、色覚は色を識別する感覚のことです。

 この三つの機能は、網膜(カメラのフィルムまたは撮像素子に該当する組織)にある光を感じとる「視細胞〈しさいぼう〉」の働きに委ねられていて、視細胞がうまく機能しないと、視力が低下したり、視野が狭くなるなどの異常が生じます。色覚についても、視細胞の機能次第で色を識別しにくくなる状態があり、それを色覚の異常と呼んでいます。



 色覚異常の分類                    

 色覚異常には、先天色覚異常と後天色覚異常があります。先天色覚異常は遺伝による錐体視物質の異常でX連鎖性遺伝(伴性劣性遺伝)をし、日本人での頻度は男性の約5%、女性の0.2%です。それ以外の原因、たとえば目や脳内の病気などによる色覚障害を後天色覚異常といいます。
 先天色覚異常には程度によって1色覚(旧:全色盲)、2色覚(旧:色盲)、異常3色覚(旧:色弱)、問題となる錐体の種類によって1型色覚(L-錐体の異常)、2型色覚(M-錐体の異常)、3型色覚(S-錐体の異常)がありますが、1色覚や3型色覚は非常にまれで、通常、色覚異常といえば、2色覚や異常3色覚、1型色覚や2型色覚を指し、これらをあわせて先天赤緑色覚異常ともいっています。



 男性の20人に1人。色覚異常はまれではない       

 先天性の色覚異常は、日本人男性の5パーセント、女性の0.2パーセントの頻度で起きていて、国内で300万人以上が該当し、まれなものではありません。ただしその程度は人によって異なります。検査で指摘されない限り気付かない人もいれば、社会生活に支障を感じる人もいますが、多くのケースでは、色覚の異常のため日常生活に困ることはありません。



 区別がつきにくい色の組み合わせ            

色覚の異常にはいくつかの種類があり、その種類によって見え方が異なります。
種類には1型色覚、2型色覚、3型色覚があります。


色覚異常茶緑

  茶 緑

色覚異常緑灰色黒

  緑 灰色・黒

色覚異常赤黒

  赤 黒

色覚異常橙黄緑

  橙 黄緑

色覚異常ピンク灰色白

  ピンク 灰色・白

色覚異常ピンク水色

  ピンク 水色

色覚異常赤緑

  赤 緑

色覚異常青紫

  青 紫




1型色覚:
赤に敏感な視細胞(L錐体※)の機能に異常がある

2型色覚:
緑に敏感な視細胞(M錐体※)の機能に異常がある

3型色覚:
青に敏感な視細胞(S錐体※)の機能に異常がある

※錐体は明るいところで物を詳しく見るのに適した光センサーです。錐体は3種類(L,M,S)あり、その組み合わせで色を見分けます。



 色覚異常の例                     

・信号の色がわかりにくい(特に夜間の点滅信号)。
・「止まれ」などの赤い標識が目立ちにくく、視界に飛び込んでこない。
・紅葉を見ても、葉の色の違いがよくわからない。
・青と思って買ったシャツが実は紫だった。
・色分けしている地下鉄やバスの路線図の区別がつきにくい。



 色覚異常が起こりやすいとき              

・対象が小さいときや彩度が低い場合
・輪郭線や境界線がなく、色の違いのみで識別しなければならない場合
・照明が暗い場合
・短時間で判断しなければならないときや、疲れて判断力が低下している場合
・先入観がある場合




 色覚異常の社会認知                  

以前、社会での色覚異常の認識は「モノクロの世界で生活している」「理系の仕事はできない」「運転免許が取得できない」などの誤解がありました。しかし現在では、色覚異常者は正常者と異なるものの、異常の程度に応じた色の世界を持ち、日常生活を不自由なく送ることができると認知されており、普通免許も取得が可能です。理工系・医療系の大学入試に色覚制限はありませんし、職業制限も大幅に緩和されてきています。ただ電車・航空機の運転士、警察官など一部の職業では、色覚異常による制限があります。色覚異常者が職業選択する際は、希望する職種が色識別を必要とするかを調べることが大切です。



↑メニューに戻る