ヘッダー

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア ■腰椎椎間板ヘルニアとは
 腰椎椎間板ヘルニアとは、腰の位置にある背骨(腰椎)の間にあるクッションの役割をしている椎間板という軟骨が押し出され、神経を圧迫することで腰や足の痛みやしびれ、無力感が出てくる病気です。  

もともと、ヘルニアには飛び出すという意味があります。椎間板の髄核という部分が飛び出し、神経を圧迫してしまいます。


■腰椎椎間板ヘルニアの症状
 ヘルニアの症状は、片方の腰痛、足の痛み、しびれ、運動神経の麻痺による筋力低下、こむら返りやけいれん、ヘルニアがあらわれた場所によっては、排尿障害があらわれる場合もあります。




■腰椎椎間板ヘルニアの治療
ヘルニアの治療としては、髄核の飛び出し方によってちがいますが、初期の段階では2週間ほど安静にしていれば治っていきます。病院へ入院するのも極力体を起こさず、腰(椎間板)に負担をかけないためです。

治療としては、症状がひどい場合は手術が必要となります。一般的には鎮痛剤やブロック注射、温熱療法、低周波やレーザーなどの電気光線療法、マッケンジーなどの運動療法、そして鍼灸治療があります。

このような治療法のなかで、患者さんの負担や副作用がなく本当に痛い部分、悪い部分に対してピンポイントで効率よく治療をおこなえるのは鍼灸治療だけです。


椎間板ヘルニアの治療受付
腰痛外来へ戻る