ヘッダー

小児の便秘

息んでも出ない小児の便秘

小児の便秘:便がつまりやすい部位
小児の便秘:腸が詰まりやすい部位


小児の便秘:治すツボ
小児便秘のツボ:横行結腸と下行結腸の境


小児の便秘:治療風景
小児の便秘:治療風景
  ■小児便秘とは

子どもでは、排便が5日以上ない場合、便が硬く排便時に痛みがある場合、おむつや便に血液が付着している場合を便秘といいます。

基本的に、排便回数が少なく、硬くて乾いた便が出る状態のことです。


■小児便秘の原因

最も多く考えられる原因は「食事内容」にあります。

朝ごはんをちゃんと食べていますか?
食物繊維の摂取量は不足していませんか?
水分は十分に補給していますか?
恥ずかしいからと排便を我慢していませんか?

排便を我慢するのは、肛門痛や下血を怖がっている時や、排便トレーニングを行っている時、小学校へ行きだしてトイレで排便が出来ない時などが考えられます。

もともと子供は感受性が豊かなため、親戚に会った、クラスが変わったなどちょっとした環境の変化が精神的ストレスとなり、結果として便秘になってしまいます。

また、普段から神経質な子は毎日がその連続になるため、より便秘がちになりやすいのです。 その他、塾や長時間のテレビゲームなど運動不足によって腸の動きが悪化し、便秘になることも考えられます。 そして、小児の腸は大人に比べまっすぐであり、一度便が詰まるとそれ以後も詰まりやすくなるという構造的な問題のため、結果として便秘を引き起こしやすいのです。


■便秘の治療法

小児はりでお腹や足に刺激を加えることで今まで動きが思わしくなかった腸が活発に動き、排便を促すのです。
ほとんどの子は1〜2回の治療で一時的に症状が改善されます。
しかし、便秘体質の根本原因を改善しない限り便秘の症状が再発する可能性がありますので、症状が完全に落ち着くまで定期的に治療をするのが理想です。
また、便秘は食物繊維不足や、食習慣の変化、脱水症、ストレス、運動不足などによっておこるため、食物繊維を多く含むものと、好きなものを一緒に摂らせてあげるなど工夫をし、水分補給を適度に行うことも重要です。

幼児では歩行し始めると腸の動きが活発になり、便秘が改善される子もいます。 さらに、決まった時間(食後5〜10分程度あと)で十分な時間トイレに座らせて排便訓練を行うと良いでしょう。

規則正しい排便習慣・生活習慣をつけることで、完全に排便ができる機会が持てるようになります。
小児便秘Q&A


■小児の痔とは

痔になるのは、大人だけではありません。小児でも痔になる場合があります。 小児の痔はたいていの場合便秘からの、切れ痔(肛門裂傷)といわれるものです。排便によって肛門の粘膜に傷ができて、排便時に痛んだり出血をします。 その他、いぼ痔になる場合もあります。

■痔の原因

生活習慣・食生活の乱れからなるものが大半です。 切れ痔は、固い便が肛門を通るときに粘膜を傷つけることが原因です。離乳食が始まり、便が固くなる頃や、食生活の乱れによる便秘、TVゲームやパソコンを長時間することで、肛門周囲の血行が悪化し痔になると考えられます。 また、人は二本足で生活しているため上半身をおしりで支えています。 おしり周りへ大きな負荷がかかるため肛門周囲に血液が溜まりやすく、結果、肛門周囲の血圧が上がるため痔になりやすいのです。

■痔の治療

痔の症状がある場合、病院では整腸剤や、患部への軟膏が処方されるでしょう。しかし、それでは対症療法にしかすぎず、排便痛・出血等の痔症状を繰り返してしまいます。 そこで小児はりでは、お腹や背中などのツボを使い、腸の動きを整え、便秘や下痢を改善し、痔の予防や悪化を防ぎます。 痔の症状がある場合、便が硬くなっていることが多くあります。便が硬くなることで、排便時に肛門が切れ、また排便時に痛みを伴うため子どもは便を我慢します。排便をしないことでさらに便が硬くなり、悪循環につながります。ですから、腸の働きを整え、便を軟らかくしてあげることが大切です。 家庭では、便秘を解消するために食物繊維を含む食べ物を多くとることも必要です。 そして、子どもの排便習慣を身につけさせましょう。

小児疾患Q&A